☆長瀬の日常☆

今日もすごろくのようにサイコロを転がし、出た目の数だけ進み、誰が1番早くゴールするのかを競いました。

みんな、必死で1番になりたくて途中でマイルールを発動!

ワープをしたり、2回サイコロを転がしたり、6の目が上に来るように持ちそのまま落とすだけだったり・・・ヽ(*゚▽゚*)

楽しく遊んだ後は、しっかり後片付けも行います。

遊びの時間が終わると、場面の切り替えが分かりやすいように学校で鳴るチャイムを流し、お片付けの歌を流してみんなでしっかり後片付けまで行います。

療育ってやっぱりメリハリが大事!

いつも感じることですが、こうやって子どもたちに1つ1つ丁寧に遊びや学びの機会を与えればちゃんと出来るんです!

できると信じて、支援者である私たちはちゃんと子どもたちが片付けるのを待って、ちゃんと出来たら私たちはしっかり褒めるようにもしています。

こういう小さな積み重ねがとても大切になってくるんだと思います。


事業所紹介

児童発達支援

放課後等デイサービス

チャイルドハート長瀬

〒577-0818

大阪府東大阪市小若江1丁目19−23

レーヴ小若江1階

☏  06-6730-8683

FAX 06-6730-8685


遊びと学びの場

運動療育とアクティブラーニング

問題を解くことを大切にした学習支援

エビデンスに基づく遊びと

ルール概念形成と学習支援

英語と音を組み入れた言語学習


スタッフ紹介

指導員

古地 大樹

関西外国語大学卒の22歳、大学在学中に青年海外協力隊として難民施設等に行き、他にも東南アジア3か国でボランティア活動を行うなど海外経験が豊富。学生時代にスイミングスクールの先生をするなど運動も得意。チャイルドハート長瀬では英語も組み入れていき、療育を受けながらグローバル社会にも適応できる力の養生もしたいと気合十分。


ぜひ、見学に来てください。